HOME » 海老名でリフォーム大成功 エビ先生の集中講義 » リフォームが完成するまでに必要な全体の流れ

リフォームが完成するまでに必要な全体の流れ

リフォームの流れ

実際にリフォームを行なう場合、リフォームしたい部分とどのようにリフォームしたいかという希望を具体的にし、予算を決め、リフォーム会社に問い合わせます。リフォーム会社による現場調査を行った後、見積もりをリフォームプランを提案してもらい、納得できる内容の場合は、リフォームの契約、着工、完工と進んでいきます。

リフォーム部分と希望の具体化

リフォームをしたい理由は、人それぞれです。収納スペースをもっと大きくしたい。使っていない部屋をウォーキングクローゼットにしたい。など、リフォームしたい理由と、どのようにリフォームしたいかという希望を具体的にすればするほど、リフォーム会社からの提案も、より具体的になります。

資金計画について

リフォーム部分と希望が決まったら、予算を決めましょう。さまざまなメーカーのカタログやリフォーム会社のH.P.などをチェックして、おおよその相場をもとに予算を組むのがおすすめです。絶対にしたいリフォームと、可能ならばやってみたいリフォームなど、順番をつけておくと、リフォーム会社との商談中に、予算オーバーしそうになった場合、重要度の低いリフォームを省く事が簡単にできるようになります。

リフォーム会社に問い合わせる

リフォーム部分と希望、予算が決まったら、リフォーム会社に問い合わせてみましょう。リフォーム会社と直接話をする事で、自分だけで情報収集するよりも、より多くの多角的な情報を早く手に入れる事ができます。また、ショールームなどがある場合、実際に出向くのがおすすめです。キッチンやトイレ、お風呂など、展示してある実物に触れて体験する事で、より具体的なリフォーム後のイメージが掴みやすくなります。

現場調査

リフォーム会社に問い合わせた後は、そこの担当者に現場調査をして貰いましょう。リフォームの希望が具体的になっていても、家のつくりや配線や配管などの位置関係によっては、希望通りのリフォームが難しい場合があるからです。 現場調査では、必ず、プロのリフォームアドバイザーに徹底的にチェックしてもらい、リフォーム箇所の採寸や工事プランの検討をして貰う事が大切です。

見積もりとプラン作成

現場調査、見積もりとプラン作成は、1社だけでなく、3社程度に依頼し、比較検討するのがおすすめです。複数の会社に頼む場合、必ず「同じ予算」で「同じリフォーム箇所と希望」を伝え、検討しやすいようにしましょう。見積もりとプラン作成が全て揃ったら、すみずみまでじっくりチェックし、疑問が出た場合は、担当者へ必ず質問し、曖昧な部分がないようにする事が大切です。

契約

見積もりとプラン作成の比較検討の結果、リフォームを頼む会社が決まったら、契約をしましょう。契約時には、工事が完了するのはいつになるか?などのリフォーム全体のスケジュールや、どの商品を購入する事になるのか?なども一緒に決定します。
これらが決定する事で、商品を発注し、工事を行なう職人の手配が可能となります。また、この契約をした時点では、注文する商品の色を変更したり、オプションを少しつける、などの細かい仕様変更は可能です。

着工

リフォーム工事は、家に住んだ状態のまま行なわれます。そのため、一時的にリフォーム箇所が使えなくなったり、リフォーム期間中は、工事に関わる職人やスタッフといった家族以外の人が出入りするため、ストレスにもなりやすくなります。そのため、リフォーム会社の方では、できるだけストレスにならないような対策を行なうこともできるため、工事中に不安や悩みなどが出てきた場合は、迷わず、担当者へ相談するのがおすすめです。

完工

リフォーム工事が終わったら、引き渡しになります。その際、不具合がないかどうかチェックし、竣工検査を行ないます。また、着工前に交わした契約書に記載されている通りに施行ができているかどうか、新たに設置した設備の詳細な使い方なども説明されます。

海老名で
信頼実績のある

リフォーム業者

さっそく5選を見る

エビ先生の紹介
【当サイト管理人の紹介】
教師生活数十年、海老名の実家と自分の家をリフォームした回数9回以上。
私、エビ先生がそのリフォームに関する知見と経験のすべてをフル活用し、
海老名でリフォームするためのお役立ち情報を、全力でご紹介します!

チェックする

海老名のリフォーム業者
評判・口コミ
アイウエオ順

海老名で
リフォーム大成功
エビ先生の集中講義

海老名市の
リフォーム補助金
制度について

海老名の住みやすさ
良いところ、悪いところ
口コミ集

サイトマップ