HOME » 海老名でリフォーム大成功 エビ先生の集中講義 » お風呂(バスルーム)

お風呂(バスルーム)

海老名でお風呂リフォーム、気をつけておくべきポイントとは?

本ページでは、海老名でお風呂リフォーム、バスルームを成功させるポイントや、注意すべき点、おすすめのリフォーム会社などをご紹介していきたいと思います。

海老名市のお風呂リフォームのおすすめ業者はこちら↓

今風であこがれる、開放感あるお風呂場の落とし穴

お風呂という場所は、多くの日本人にとって、もはや身体や髪の毛を洗うだけの場所ではありませんね。疲れた身体を癒したり、精神的なストレスを和らげたり、あるいは親子のコミュニケーションの場にもなります。そうしたニーズの高まりにより、近年ではリラックスをテーマとしたものも多くなってきています。そうした風潮ゆえに、お風呂のリフォームでは、より開放感のあるお風呂場にというのが流行になっているとのこと。しかし、そこにも、気をつけねければならない落とし穴が待っています。

当たり前のことですが、お風呂というものは基本的に全裸で使用するものです。より開放感を得ようとして、窓を大きくしたら、外からの視線が気になるようになって、かえって落ち着かなくなったという例が、実は多いのだとか。中には、年頃の娘さんが入浴を嫌がるようになってしまい、道路との間に目隠しフェンスを急遽取り付けたというケースも。また、窓の反対側に照明を設置してしまい、夜間に外から影絵のように見えてしまうといったケースも。浴室に窓を設置する場合は、外からの見え方を十分にシュミレーションしておくことが不可欠です。

バリアフリー対応は高齢者のためだけではない

もうひとつお風呂のリフォームで考えておきたいことは、ケガをしてしまうリスクを極力減らしておくということ。床の段差をなるべく無くす、滑りにくい床材にするといったことはもちろん、高齢の方がいる場合手すりを取り付ける。万が一の時も安全なように、割れにくいガラスやアクリルにするといった感じです。浴槽が狭い場合は、水栓金具の取り付け位置にも要注意です。さらに近年増加傾向にある冬場のヒートショック減少を回避するため、脱衣所や浴室を前もって暖めておける装置を設置することも考慮しておきたいところです。

以上のようなポイントも、優れたリフォーム業者であれば、家族構成やお風呂場と周囲の位置関係、依頼者のニーズなどを汲んだ上で、ベストなプランを提案してくれるはずです。逆に、おざなりな業者だと、システムバスを入れ替えておしまいということもありえます。そうした点を踏まえ、本サイトがおすすめする海老名市のお風呂リフォーム業者は、以下の2社になります。ぜひチェックしてみてください。

海老名市のお風呂リフォームのおすすめ業者

株式会社アートリビング

使いやすさ、掃除のしやすさなど、主婦の目線で女性ベテランアドバイザーがプランニング。面倒見の良さで地元のリピート多数。

アートリビングのお風呂施工事例

アートリビングのお風呂リフォーム画像

引用元:アートリビング 公式サイト(http://www.sakae-kougyou.co.jp/case/#atsugi-i)

開放的なイメージでリフォームしたいという施主の要望に応えており、明るい雰囲気となっています。ベージュの壁と白い浴槽の組み合わせが上手くマッチしており、暗さを全く感じさせません。ゆったりと入浴したい時の場としてピッタリの空間に仕上がっています。

窓も設置されており、ちょっとした小物も置けるのもポイントの1つ。インテリアをおくことで、お風呂場の雰囲気を変えて楽しむこともできるできるのが魅力です。浴槽の上にはバーが設置されており、物をひっかけておけばすぐに使用できて床のスペースも使わずに済むでしょう。

株式会社アートリビングの公式サイトを見る

株式会社 建築工房 集

難しいリフォームも対応可能。全スタッフがインテリアコーディネーターの資格をもち、プロ意識の高い職人集団。

建築工房 集のお風呂施工事例

建築工房集のリフォーム画像

引用元:建築工房 集 公式サイト(https://www.kobotsudoi.co.jp/archives/project/■築25年マンション浴室■/)

築25年の中古マンションを、海老名市のリフォーム助成金を利用してリフォーム工事を実施した事例です。昔ながらの深いタイプの浴槽から、ちょうどいい高さの浴槽に生まれ変わっています。段差も気にせずに利用できるなったので、将来的にも使いやすくなっているのがメリットです。

全体的に浴室の色が明るくなり、タイル張りだった時からのイメージがガラッと変わっています。工期は7日と、平均的な期間です。

株式会社建築工房集の公式サイトを見る

お風呂リフォーム費用相場

もうひとつ、お風呂リフォームの費用相場についてご紹介しておきましょう。海老名市ではなく全国的なものですが、参考にしてみてください。

●50万円未満・・・約12%

●50~100万円・・・約32%

●100~150万円・・・約34%

●150~200万円・・・約14%

50万円未満でリフォームする場合

浴室リフォームを50万円未満で行う場合には、小規模な工事に限られます。浴室全体をリフォームするには予算的に厳しいため、浴室の一部のみの施工となるでしょう。

手すり設置やドア交換の場合は、15万円以下で実施可能です。内装全体(壁・天井・床)を実施すると、10~30万円が目安になってきます。浴槽の交換や給湯器の交換を実施する場合は、50万円近く掛かるケースもあるので、一度見積りを出して確認してみましょう。

断熱対策の省エネリフォームやバリアフリー対策のリフォームを実施したい場合は、補助金を活用するのも一つの手段です。自治体の窓口で確認することも大事ですが、介護保険をはじめとした補助金制度に詳しいリフォーム業者に相談してみるのも良いでしょう。

50~100万円でリフォームする場合

浴室リフォームで50~100万円の予算があれば、浴室全体のリフォームが可能です。

タイル張りのお風呂は、タイルの目地が汚れたりカビが生えたりと、こまめに掃除をする必要があります。これをユニットバスに交換すると、防汚性に優れているためタイル張りに比べて掃除を楽にすることができるでしょう。また、ユニットバスは断熱性能が高く浴室内の温度変化も少なくなるため、お湯の温度を維持するコストを抑えられます。

反面、リフォーム後に設備を追加する際は大掛かりな工事が必要となるというのがデメリットです。どのような施工をするかによって変わるかもしれませんが、後付けに対応していなければ追加できない場合もあります。

100~150万円でリフォームする場合

予算を150万円まで広げると、さらにワンランク上の浴室リフォームができます。

例えばゆったりと入浴できるように、湯舟が洗い場側に弧を描く形状の「ワイド浴槽」にリフォームすることも可能です。さまざまな機能を利用できるシステムバスの設置もできます。

既存の在来工法の浴室を解体した際に、シロアリが発生していたケースでは補強工事も行ったうえでリフォームもできるでしょう。

150万円以上でリフォームする場合

150万円以上のリフォーム費用になると、最高クラスのシステムバスを設置できるので、自分や家族のこだわりを実現できます。

セラミックウォールを使ってみたり、人工大理石の浴槽にしてみたりなど、自分の好みに合わせてリフォームができるのが魅力です。他にも換気暖房乾燥機や液晶テレビに加えて、オーバーヘッドシャワーなどのオプション機能を付けられます。

今後も使い続けることを考えた際、将来を見据えてバリアフリー設計の浴室にしてみることも検討してみましょう。滑りにくい床材や深すぎない浴槽を選ぶなど、事故のリスクを抑える子・も視野に入れると快適に利用しやすくなるはずです。

エビ先生から ひと言コメント

エビ先生コメント「お風呂は裸で入るもの。当たり前すぎてかえって見落としてしまう失敗というのには気をつけなければなりませんな。そうした点もしっかり踏まえている業者に依頼するのが一番ですな」

海老名で
信頼実績のある

リフォーム業者

さっそく4選を見る

エビ先生の紹介
【当サイト管理人の紹介】
教師生活数十年、海老名の実家と自分の家をリフォームした回数9回以上。
私、エビ先生がそのリフォームに関する知見と経験のすべてをフル活用し、
海老名でリフォームするためのお役立ち情報を、全力でご紹介します!

チェックする

海老名のリフォーム業者
評判・口コミ
アイウエオ順

海老名で
リフォーム大成功
エビ先生の集中講義

海老名市の
リフォーム補助金
制度について

海老名の住みやすさ
良いところ、悪いところ
口コミ集

リフォームの基礎知識

厚木市のリフォーム対応業者

サイトマップ